健康のために株を始めました

病気をきっかけに、仕事以外の収入が欲しくなって、株に手を出してみました

2019年、感動したことと悲しかったこと(どちらも病気絡み)

 

人生いろいろ。

f:id:yonchaaan:20191212213914p:image

 

 

感動したこと

薬を飲んで無敵感を得たこと。

電車に乗るのがこんなに楽な世界があったのか。息が苦しくない!」という感動。

 

度忘れるとなかなか思い出せない「普通」の感覚を、数日間取り戻させてくれました。

やっぱりベンゾジアゼピン系です。

そのときは数日で効果が鈍りましたが、数ヶ月かけて徐々に良くなってきました。

 

 

悲しかったこと

2日ぶり人生2回目の救急搬送で、病院に着いたころには発作が落ち着いてきていて、

「治ってきちゃったね〜ははは」と医者に笑われ、周りの看護師たちもクスクス笑っていたこと。

 

 

ちなみに1回目は不整脈発作で、

「満床で4万円の個室しか空いてないから落ち着いたら帰っていいよ」と言われました。

脈が150以上の状態が続いていて苦しかったので、4万円払ってもいいから入院したいと言って、入院しました。

 

結果としては、個室を希望した訳ではなく「個室しか空いていなかった」ので差額0、大部屋の場合と同じ値段でした。私は、本当は初めからそういう決まりだったけど、帰って欲しかったから4万かかると言ったのかなーと思っています。

 

結局、各検査込みで支払いは4万円くらいになりました。

検査に連れて行ってくれたのは自分より年下の明るい看護師さんで、私は情けない気持ちになりました。

 

私なんて

6年間も親に学費+家賃生活費の大金払ってもらった上に、

会社から休職時に手当てをもらい、

25にして社会人1年目、

何の生産的活動もしていないのに、

 

若いうちから人の役に立つ仕事をしていて

こういう人でありたかったなと

 

惨めでどんよりした気分になりながら

明るい平日の病院内を歩いていたのを思い出します。

 

 

来年からは

きっとこれは毎年思い出すんだろうな〜。

ちなみに上の話は全部1月中の出来事でした。

もうすぐ1年。

 

来年からは、美しい景色を見て感動したとか、思ってみたいです。

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村