健康のために株を始めました

病気をきっかけに、仕事以外の収入が欲しくなって、株に手を出してみました

【好きな話】点と点はいつか繋がる、スティーブ・ジョブズ氏の話

 

スティーブ・ジョブズ氏の話の中でも有名な、「点と点がつながる話」が好きです。

 

「点と点がつながる話」と書くとざっくりしすぎなのですが、一度聞いたことのある人には伝わる表現かなと思います。

Googleで「スティーブ・ジョブズ て」まで打つと「天才」が出てきますが、「てん」まで打つと「点と点」が出てきます。

 

これは、2005年にスタンフォード大学の卒業式に招かれたスティーブ・ジョブズ氏のスピーチの内容です。

前からYouTubeで見て知っていたのですが、病気になってからまた見てみると、なんかすごく心に響く話だなと思ったのです。

 

どんな話か

ストーリーが大きく3つあるうちの、最初のひとつが「点と点がつながる話」です。

 

簡単にまとめると、こうです。

 

・裕福ではない家の養子として育ち、大学に入るも学費ほどの価値を感じずに退学。

・退学したが、興味のあるひとつの授業に潜って勉強した。

・その授業はカリグラフィー(西洋書道)で、文字を美しく見せる方法を学んだ。

・のちのち、Appleマッキントッシュ(コンピュータ)を開発中にカリグラフィーの授業で学んだことを思い出し、美しい書体を打ち出せるコンピュータを初めて作った。これが現在のスタンダードになっている。

 

というもので、要点としては

 

今やっていることが、将来何と繋がるかあらかじめ知ることはできない。

しかし、後になって振り返ってみると、関係ないと思われていた何かと何かが繋がってくる。

だから、今やっていることが、きっと将来の何かに繋がっていると信じるしかない。

 

ということです。

 

↓ 全訳。2011年日経新聞の記事。

「ハングリーであれ。愚か者であれ」 ジョブズ氏スピーチ全訳: 日本経済新聞

 

 

 

この話に触れて変わったこと

 

「自分に起こったことに意味がある」と思えるようになりました。

 

私は入社時点で不安障害・自律神経失調症になっており、電車に乗ると思うと息が苦しくなったり、疲労困憊で眠いのに全く眠れないことが続いたりしてつらい時期がありました。

 

何が原因だろうと考え考え、

研究室選びを間違えた、学科選びを間違えた、大学選びを間違えた、バイト選びを間違えた、文理選択を間違えた、一人暮らしをするタイミングを間違えた、部屋選びを間違えた…

 

と、自分の行動全てを否定してしまって、自分の人生失敗だったなと、25歳にして思っていました。

このときは病気の症状が重く、思考力や判断力が落ちていたように思います。そのときは気づきませんでした。

 

 

でもあとになってみると、

病気になったからこその出会い(人、投資、ブログなど)とか、

身近な人が同じ境遇にあったら気持ちを分かち合えるとか、

大学で勉強したことが仕事に少しでも活きたりとか、

 

マッキントッシュの開発とはスケールが違いすぎますが、点と点が繋がったような感覚がありました。

 

「意味なかった、無駄だ」

と思うこともよくありますが、というか元々思いがちな性格なのですが、この話を思い出すと、「もしかしたら」という気持ちが芽生えます。

 

だから、この話に出会ったことも、「点」のひとつなのかなと。こういう思考回路を作ってくれたきっかけ。

 

 

かなり有名な話で、しかももう15年くらい前なんですね。

体調が不安だった冬の滑り出しが思ったより好調で、前向きになっている勢いで書いてみました。

 

もし来年もまた体調崩したら、「つらいよー生きてる意味ないよー」と騒いでいそうですが、頭の片隅にこの話を置いておこうと思います。

 

 

yonchaaan.hatenablog.jp

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村