健康のために株を始めました

病気をきっかけに、仕事以外の収入が欲しくなって、株に手を出してみました

MOS Excel 2016の簡単な方:スペシャリストを独学(FOMテキスト)で

 

MOSとはMicrosoft Office Specialistのことで、

取得すると、Officeを世間一般並みに使えることを証明できます。

MOS公式サイト-マイクロソフト オフィス スペシャリスト

詳細は公式サイトで↑

 

国際的な資格ですが、すごく難しいことを要求される訳ではなくお手軽かなと思います。

受験費用1万円かかるので、そこはお手軽ではありませんが…。

ちなみに、「エムオーエス」と認識していたのですが、試験会場の人は「モス」と呼んでいました。

 

Word、ExcelPowerpointAccessOutlook がありますが、今回Excel 2016のスペシャリストを受けてきました。

ExcelとWordは「スペシャリスト」という名の一般レベルと、「エキスパート」という名の上級レベルがあります。スペシャリストって言うと一見すごそうですよね。

それにしてもOutlook(メール) の試験内容が気になります。今度書店でテキストを見てみようかな。

 

普段Officeを使わない方は、パソコンスクールとかで勉強するという場合も多いと思いますが、Excelで関数を使ったことがある人なら家でテキスト通りに進めれば大丈夫です。

 

 

私の体験記を書きますが、前提としては

仕事でOfficeは使っているが、

    マクロとかさっぱりやったことない人

です

 

 

勉強法

 

テキストを1冊買いました。

FOM出版の、MOSシリーズ。ほぼ全員これで勉強しているのではないでしょうか。

 

これ1冊やれば十分です。

CD-ROMには採点機能有りの模擬試験付き(ネットでOfficeをインストールした場合は採点や回答アニメが使えない可能性大ですが、紙ベースで回答を確認できます)。

 

 

難易度は

 

なんと、「ブックを開いてみましょう」というところから始まります。関数も限定的。countifとかsumifとか。

これは楽勝だと思ってテキストの本編自体は1日で終わらせました。

 

ところがテキストの模擬試験で現実を知りました。意外と難しいぞ…。というか時間が足りなくて凡ミスが多くて、どこが間違ってるのか分からない…。

このままでは落ちる…!

と思ったので、50分の模擬試験を5回分×2周やりました。

 

 

テキストと実際の試験問題の印象は

 

形式はテキスト通り、「4-7問のタスクからなるプロジェクトを7つこなす」でした。

 

難易度はテキストを100とすると実際は50~60くらいという感覚でした。あくまで個人的な感覚ですが。

テキストで1周目は7割を切ることもありましたが、結果は9割超えで合格でした。

 

テキストの模擬試験では、「Aをやってください。また、Bを設定し、CとDを表示してください。」みたいな感じでひとつのタスクでいくつも求めてくるものが多かったです。したがって、時間もかかるし見落としがあってミスになりました(もちろん部分点はなし)。

実際の試験では、「Aをやってください」でひとつ、「Bを設定してください」でひとつ、という感じだったので落ち着いて確認しながらできました。

 

また、sumifやcountifで$の付け忘れが多かった私ですが、一切出てきませんでした。average, if, lower くらいだったような…。ちなみに普通のExcelと同じように、途中まで打つと候補を出してくれます。 

 

 

合格ラインは

 

スペシャリストに関しては、700点 / 1000点満点という情報が多いです。

エキスパートに関しては難易度によるのか、よく分かりません。

公式サイトでは「550-850が目安」とのこと。広すぎる。

40問くらいなので、1問の占めるウェイトが大きいです。

 

 

申し込みと会場

 

 公式サイト(MOS公式サイト-マイクロソフト オフィス スペシャリスト )より、案内に従って申し込みができます。

 

ここで、CERTIPORTというサイトに飛んで受験者IDやパスワードを登録するのですが、これをメモ・記憶しておかないと当日面倒なことになります。「分からないんですけど…」という方が何人もいました。職員の方が何かしら対応してくださっていましたが、当日焦るのでメモ大事。

 

会場は希望の地区を2つまで選べます。県で3地域くらい。東京都は多かったと思います。23区だけで3地域。

実際にどこになるかは、試験の10日前くらいに発送されるハガキで知ります。

時間は選べません。ハガキで知ります。

おそらく、住所から近くの会場を割り当ててもらえるようです。

 

 

当日の流れ(試験と合否発表)

 

ハガキに書かれた時間に行って、ハガキ(受験票)と身分証明書を見せると席を指定されます。おそらくですが、スペシャリストを受験していた私はエキスパート受験者に挟まれていたような気がします。

で、パソコンでログインを済ませて待機。ここで、IDが分からないと面倒です。

 

準備が整った人から初めて、時間内に終われば途中で終わらせて帰ることができます。50分中20分くらい余りましたが、見直しで後から下手にいじるとおかしくなりそうなのでそのまま終わりにしました。

終了ボタンを押すと、数秒後に結果レポート(合否)が表示されるので、それを印刷して持ち帰りました。あっさりしています。

後日、認定書が家に届くらしいです。

(2020/1/23追記 試験から約1か月で届きました)

 

 

ちなみになぜ受けたのか

 

私は理系の院に進んでおきながら、実は事務系を志望していたので資格欄の足しにと思ってM1のころテキストを購入していました。実際は理系職に就いたので放置していましたが、せっかくテキスト買ったので3年ぶりくらいに開いて勉強しました。

 

どこかで売ろうかなとメルカリを覗いてみると、かなり売れ残りが発生していました。そりゃもうすぐ2020年ですからね。そろそろMOS2019の時代でしょうか。

 

実はエキスパート(上級)を先に購入してしまったので、受けずに売るか、とりあえず受けるか悩み中です。受けるのもタダじゃないので…。

 

 

感想と注意点

 

FOM出版のテキストができていれば、問題ないと思います。

 

・IDとパスワードはすぐに入力できるように準備しておいた方がいいです。少し遅れて受験できますが、焦ると思います(試験は各自で始めるので、試験時間自体は短くならないはずです)。

 

・問題の文章的にとらえ方が2つある場合などは、悩みすぎずに適当にどちらかで回答すればいいと思います。間違えたところに心当たりがなくても減点されているので、意図の読み違いで数問落とすことは初めから織り込み済みでいくと良いと思いました。

 

 

資格欄に何か書きたい場合には、手軽に始められて良いかなと思います。

反面、基礎的なことばかりなので、資格名だけでExcelできる人だと思われてしまうと実力以上の業務が回ってきてしまいそうです。一般レベルですよという説明を加えたいですね。

要望があれば資格とりますよ!というアピールにはなるかもしれません。

 

のちのち、エキスパート勉強してVBAなんかも挑戦出来たらいいなと考えています。

今の業務に全く必要ないんですけどね笑。

 

 これから受ける方の参考になれば幸いです。