健康のために株を始めました

病気をきっかけに、仕事以外の収入が欲しくなって、株に手を出してみました

【不安障害最近の成果】新幹線に乗れた。快速に乗れた。外出中空腹時にパニックにならなかった。など

普通の人が見たら成果でもなんでもないと思いますが、私の中では成長記録になります。

 

自律神経失調症、不安障害を治療中です。

去年の今ごろ、快速や急行に挑戦して大丈夫だったんですが、冬に不整脈で救急搬送されてから、恐怖心がリセットされてしまいました。

 

そんな私の最近の成果

 

①新幹線に乗れた(20分間、1人で乗車)。

指定券だとプレッシャーになるので自由席にしたのですが、始発駅ではなかったので満席続きで3本くらい待ちました。出口に1番近い席を確保して、座ってみると意外と普通の精神状態。無事に終えました。在来線で30分くらいの距離を倍くらいの値段でわざわざ新幹線に乗ったので、降りるとき隣の人がちょっと驚いていました。

 

②トイレなし快速に乗れた(10分間隔で計20分、2人で乗車)。

「途中の〇〇駅には止まりません」というアナウンスがけっこう堪えたのですが、同乗者と会話で紛らわせました。たぶん顔は引きつっていなかったと思います。

 

③外出先で空腹、どこも営業を終えている、というときに、なんとか耐えた。

低血糖症ではないのに、低血糖症みたいな症状が出ることが多いです。今回大丈夫だったのは、いざという時の食料を持っていたのも大きいですが、空腹パニックみたいなのがなかったです。不安感はありましたが、動悸や息苦しさまではなかったです。

備えは大事。結局、内科的には健康だけど不安が体に出るタイプです。

 

④大勢の前での発表に耐えた。

発表前は、心臓と消化器系が大変なことになってましたが、「いざとなったら無理と言ってトイレに逃げるぞ!」と思って乗り越えました。発表し始めたら急に心拍数が下がりました。

 

 

など。こういうときは無理、とか、無理なら無理と言えばいい、というのが分かってきて、慣れ(暴露)戦法でがんばっています。少しずつ自信が出てきました。圧倒的に体調不良になりやすい冬にこれがキープできれば、もっと自信になると思います。

 

徐々に徐々に、無理せずがんばります!

 

 

 (なんで電車が怖いかというと、広場恐怖という症状のせいです。↓↓

最近は改善傾向。)

yonchaaan.hatenablog.jp