健康のために株を始めました

病気をきっかけに、仕事以外の収入が欲しくなって、株に手を出してみました

【病気の前兆】これって精神的な病ではないか??と思ってから薬物治療にこぎつくまでのいろいろ

自律神経失調症と不安障害を薬物治療中です。薬はすごいです。もっと早く病院にかかっていればよかった…。

というわけで、こんな前兆があったら病院に行くことをおすすめする、いろいろです。

 

そもそもの私の性格・特性:すべてを最悪のパターンで想定するネガティブシンキング。「我慢強いこと」「粘り強く取り組むこと」を長所として褒められて育つ。家庭環境良好。これといった挫折やトラウマ、家族問題はなし。寝つきが悪い。

 

てな感じです。こんな感じでじわじわと壊れました↓↓

 

2015年~ トリガー① 理系の研究室に入る

 

2015年5月 毎日腹痛(緊張)。病院には行かず。

2015年9月 動悸で目が覚める

2015年10月 もうつらいと親にメッセージを送る

2015年11月 つらいことを書き出す・連日泣く

 

2016年 いろいろ落ち着く・普通の心理状態

 

2017年7月 動悸で目が覚める

2017年7月 2月の海外旅行を決める

 

2017年8月 トリガー② 結婚問題でもめる 涙があふれて電車に乗るのが怖くなる・心療内科うつ病について調べる・自分は自律神経失調症だとセルフ診断する・あと1タップで心療内科に電話というところで勇気をなくしてやめる・セロトニンが足りないことがわかったので、謎のサプリにすがって購入する・効かない

↑ここで行くべきでした、病院に。

 

2017年9月 電車・飛行機に乗っても平気

2017年10月 車で数時間の移動。なんとなく気分が悪くなりそうなので断って電車で行きたかったが仕方なく同乗して行く・結果平気。

2017年12月 友人に卒業旅行に誘われるがなんとなく不安で断りたい気分だった。結局日程が合わずに流れてほっとする。

 

2018年1月 「今まさにストレスを感じて我慢している」ということをはっきりと自覚する

↑今思えば、ここで修復不可能なところに来ていたのかも。

 

2018年2月上旬 タクシー移動が怖かった。断りたかったが決定事項なので仕方なく乗る・加速度の変化の大きさと信号待ちで動悸がしたが短時間だったので耐える

2018年2月中旬 飛行機で海外へ。空港までの電車が途中で停車し、動悸がする。飛行機は行き・帰りともにトイレに立てないほど揺れる。ベルト着用サインがつくと心拍数が上がり消えると下がる状態を繰り返す。今から思えば数時間脈が約150回/分が続いていた。

2018年3月 卒業式の袴の締め付けで若干苦しい。終了して家族で食事後、電車で各停1駅のみの移動が嫌で歩きたかったが親と一緒だったので乗る。無事。

2018年3月 引っ越して職場までの道のりや混雑度・所要時間・空いている車両を入念に調べる。

 

2018年4月 入社式の日から1週間、毎日電車待ちと乗車中に動悸と吐き気と気を失いそうな感覚に襲われる。昼食は3分の1ほどしかのどを通らない。空腹で動悸がするのでお菓子を休憩時間ごとに食べる。朝晩はお茶碗1杯に1時間かける程度。緊張しているからだと思っていた。週が明けても体調がおかしすぎるので近いうちにメンタルクリニックを受診することを決め、病院を探す。なんとか頑張っていたが、あるときついに限界がきて早退、受診、休職診断書の提出で休職が決まる。初期の薬が合わなさすぎて変更。これも合わなさすぎて死にたくなる。次の変更で眠れるようになり、食事が普通にとれるようになる。

 

このあと、復職、動悸との闘いや救急搬送などありつつ薬物治療継続中。ちなみに、なぜか定期的に涙を流さないと耐えられないです。

 

「我慢強い」を自負して生きてきた私は、ギブアップする勇気が持てずに気を張り続けていたのかもしれません。適度に妥協してできないことはできないと放り投げる適当さが必要だったかなーと、いまでは感じています。

 

ほんと、自分だけで解決するのを早めに諦めることが肝心です。

 

そろそろ長いGWも終わりますが、みなさんも健康にはお気を付けください。